タワントルゴイ・ガショーンソハイト鉄道開通、寄せる期待は大きい

経済
dashtseren@montsame.gov.mn
2022-09-09 16:15:10

 モンゴルの南部地域で99日、タワントルゴイ・ガショーンソハイト鉄道が開業した。鉄道はタワントルゴイ炭鉱からガショーンソハイト国境検問所まで約233.6キロの距離を結ぶ。

 オフナー・フレルスフ大統領、サンダグ・ビャンバツォグト道路・運輸開発大臣、ジャンバル・ガンバータル鉱業・重工業大臣、チメド・フレルバータル経済開発大臣など政府高官らがウムヌゴビ県ツォグトツェツィー郡のタワントルゴイ駅での開通式典に出席した。

 タワントルゴイ・ガショーンソハイト鉄道に寄せる期待は大きい。原料炭と一般炭の輸出量が年間3000万~5000万㌧へ増え、タワントルゴイ炭鉱からガンツモド国境検問所までの輸送コストも1㌧あたり47米㌦から12米㌦へ、大幅に減少する見込みだ。また、2000人分の新規雇用も創出されるなど、経済効果に期待が寄せられている。









関連ニュース