モンゴルで古いデザイン陶磁器の需要が多い

社会
manduhai@montsame.gov.mn
2019-09-11 15:45:56

 創立から300万個の陶磁器製造のモンゴル陶磁器製造工場が閉鎖されたのは1995年。当時からモンゴルの陶磁器コレクターの間で国産の陶磁器は目玉品になっていた。モンゴル人の職人技による陶磁工芸回復のため、昨年「モンゴル・遺産陶磁」社がナライハ区で誕生し、モンゴル伝統風の模様・デザインで「サドル付きの2頭馬」、「5人子どもの爺」、「夫婦」、「僧侶」などの7種類の伝統的な陶磁器を復元して生産しはじめた。今年、モンゴル靴のペン箱を作り始めたが、「サドル付きの2頭馬」、「5人の子どもに囲まれた爺さん」の需要が多いという。同社スタッフは「アラグ(乾燥糞入りの網箱)背負った子ども」、「サドル持つ子ども」という伝統デザインの復元を進めている。

 陶磁器は配達で販売され、まもなくブンブグル・ショッピングセンターで販売コーナーが設置される。電話番号:99290020





関連ニュース