新ウランバートル国際空港、高速 道路開通、事業権契約

政治
manduhai@montsame.gov.mn
2019-07-05 16:14:59

 新ウランバートル国際空港とウランバートル市を結ぶ全長32.2㎞となる高速道路の開通式典と空港運営に関する事業権契約の署名式典が7月5日、行われた。

 開通式典には、オフナー・フレルスフ首相、ビャムバスレン・エンフアムガラン道路・運輸開発相、邢海明在モンゴル中国大使など、関係者らが出席した。高速道路の起工は2016年。全長32.2㎞、幅31㍍、6車線で、ヤールマグ・インターチェンジからフシギーン・フンディーの新国際空港を結ぶ。一方、同空港運営に関する事業権契約は、日モ合弁会社「ニュー・ウランバートル・インターナショナル・エアポート」とモンゴル国家開発庁との間で署名された。一方、この式典には高岡正人在モンゴル日本国大使をはじめ、日本企業関係者らも出席した。






関連ニュース