JICA、モンゴルの学校給食導入を支援する事業実施

社会
gombosuren0625@gmail.com
2021-05-20 12:27:01

 5月12日、教育科学省において、今後3年間JICAがモンゴルで実施する学校給食導入を支援するプロジェクトに関する文書の署名式が行われ、田村えり子JICAモンゴル事務所所長、教育科学省・小中教育局の.ニャムオチル局長が署名した。モンゴルでは今年9月1日から義務教育学校の給食法が施行され、小学校の生徒たちに学校給食が提供される。これでJICAは:

・入手可能な食材に基づいた栄養バランスのとれた給食を提供できる環境(人材育成、栄養摂取基準、献立等)整備

・地域特性に基づいた給食を提供するための体制整備

・安全で栄養バランスのとれた給食を提供するための行政機能強化といった3つの主な活動を通じ、学校給食法の実施を支援する技術協力プロジェクトを実施することで教育科学省と合意した。このプロジェクトは2021年~24年まで実施される予定で、ウブルハンガイ県とドンドゴビ県をパイロット地域として選定した。このプロジェクトは子どもたちの身体的成長と発達にいい影響を与える食事・食料生産の持続可能な開発、食料消費に関する組織らの協力が強化される効果的なプロジェクトになると関係者が強調した。今後は、教育省の他、保健省や食糧・農牧業・軽工業省、国境警備庁、国立科学技術大学、公衆衛生センターのと協力しながら、モンゴルの子どもたちのための給食がよりよくするために、精一杯支援するとJICAが表明した。

関連ニュース