ドンドゴビ県(県の紹介シリーズ 16)

モンゴルについて
naranchimeg199@gmail.com
2019-03-15 10:03:56

 ドンドゴビ県はモンゴル中央部に位置し、ウブルハンガイ、ウムヌゴビ、トゥブ、ドルノゴビ県と隣り合っている。北端のハルトルゴイから南端のオボルチャガンまで280㌔、西端のドルラン山から東端のフーホまで425㌔。県の中心地マンダルゴビは、ウランバートルから260㌔離れている。実力のある民謡歌手と馬乳酒で有名なドンドゴビ県の8つの“名所”を紹介する。


デルゲルハンガイ山


 ドンドゴビ県で最高の山脈であるデルゲルハンガイ山は、中心のハルハ9つの大きな山の中にある。同山は古代国家を崇拝する山だ。 西から東へと伸びるこの山は、タヒルギィン・ウンドゥル、ザラーギィン・ウンドゥル、フフ・ウンドゥル、グルバン・ウンドゥルの4つの連続した山並みで構成されており、70㌔にも延びる。 標高は1926㍍。 地元の人々は祭りを開催し、夏の初めに山を礼拝する伝統を持つ。 紀元前2000年から1000年に遡る多くの古代円形および正方形の埋葬地がある。



バガ・ガズリーン・チョロー(小さい地の石)


 バガ・ガズリーン・チョロー地(小さい地の石)は、同県のデルゲルツォグト郡の北西約37㌔に位置する。 平坦な平野に囲まれたこの花崗岩の地域は、海抜1768㌔に位置し、300平方㌔の面積をカバーする。山道と谷の周りには、多くの湧き出る泉のほか、かなりの数の古墳、キリッグス、岩石画、記念碑が見られる。ゲル・チョロー、スドゥトィン・アム、ジャルガラント洞窟、視力の泉、タヒルギーン・ハブツァルと呼ばれるポプラの岩場の渓谷のような多くの観光スポットがある。ゲル・チョローはロープで2頭のアイベックスを結んでいる男を描写したペトログリフを含む多くの洞窟の図を含む。この洞窟の絵画は青銅器時代の後期に属し、研究者からの注目を集めている。

 近くの岩には2頭の鹿が実際の大きさで描かれていた。そのうちの1つは長さ170㌢、高さ90㌢だ。海抜1768㍍のタヒルギーン・ハブツァルは、バガ・ガズリーン・チョロー地の最高峰。山には高い岩脈があり、非常に壮大な光景。 時々、アイベックスと山羊がここに現れる。 バガ・ガズリーン・チョロー地のドンド・シャンディン・アヌ地では、一度に64のフン代の墓地を見ることができる。 1989年、モンゴル・ハンガリー・ロシアの共同隊がこの地域を発掘した。墓の間の距離は異なり、墓の深さは3.3㍍。 掘削中には、湾曲した弓の端、鉄のブライダルビット、破れた波紋の花瓶など、多くの記事が見つかった。



イフ・ガズリーン・チョロー(大きい地の石)


 イフ・ガズリーン・チョロー地は、ペルム紀と白亜紀に起源を持ち、花崗岩、斑状岩および閃緑岩でできた砕岩からなる複雑な岩崖である。海抜1565-1709㍍に位置するこの地は、600平方㌔、長さ30㌔、幅は15㌔。それは40以上の洞窟を持ち、タグターニー・バアスト(ハトの糞)と呼ばれる洞窟は、長さ30㍍、幅3.5 ㍍、高さ10 ㍍。場所は、マーモット、キツネ、黒い昆虫、鷹、樹皮、およびコサックギツネを含む動物の20以上の動物の本拠地だ。同地は、2003年に自然保護区に指定され、2012年に国立公園として保護された。国家長老歌唱者N.ノロブバンザドと彼女の人気曲「ウユハン・ザムブー・ティビーン・ナラン」に捧げられた記念碑がここにある。 さらに、偉大な歌手にちなんで命名された最初の野外劇場が、イフ・ガズリーン・チョロー地に設立された。 



オンギ寺院


 オンギ寺院は、同県サイハノボー郡にある。オンギ川の北と南の側に2つの寺院をあわせてオンギ寺院という。モンゴル最大級寺院の一つとされる。オンギ寺院は1660年に建設。当時、その敷地が約30寺と4つの大きな法堂を構える巨大さだった。また、およそ1000人の僧坊がいたとされている。社会主義時代、オンギ寺院はタブー視され、1939年、完全に破壊された。多くの僧坊が大粛清で犠牲者となった。 民主化後、数人の僧坊が同寺院に戻り、仏教に関する法話を始めた。現在、1つの法堂が完全に再建された。寺院周辺に、今も寺院等の痕跡が残っている。




「ツァガーン・スワルガ(白い仏塔)」斜面


 「ツァガーン・スワルガ(白い仏塔)」斜面は、ウルジート郡にあるデル山の南西に位置する。 古代の海底であり、何百万年もの間に作られた堆積物の構造を特徴とする、険しい斜面だ。この斜面は太陽に向かって東に面しており、遠くからは古代都市の遺跡のように見えるので面白い。この景観は最高点で60㍍を超え、400㍍の印象的な長さが続く。仏塔は90度の角度で空に屹立する。大雨の後、仏塔の下を流れる急流は、巨大な滝のように見える。





デル山


 デル山は東から西へ25㌔延び、同県のウルジート郡の領土に位置する。その下の基盤から山頂まで、山の東面は、異なる歴史的な時期に刻まれた様々な種類の動物、人間、記号の紋章などで覆われている。アイベックス、馬、乗馬する者、ラクダ、擬人化画像のような動物の画像が最も一般的だ。デル山には3000点を超える岩絵があり、古典的なルーン文字とモンゴル語と中国語の4つの文物が唐代に戻っており、約20の正方形の墓が残っている。








ウーシ砂丘

 

 東西2㌔に広がる大きな砂丘は同県ウルジート郡にある。ウーシ砂丘と称される。

 100㍍で砂丘の上部境界に到達すると、砂の谷のノムゴン砂漠がサクサクと茂みが分散しているのが見える。ウーシ砂丘の砂は、ミネラル含有量のシルク砂のように新鮮で上品だ。また、砂丘の北東には温泉がある。腎臓レクリエーションセンターがここに設立された。太陽の熱を吸収して、砂は腎臓疾患、リウマチおよび5つの内臓疾患を治療するのに非常に有効だ。







フフ・ブルド湖


 フフ・ブルド湖は、同県のアダーツァグ郡に位置する。かつてこの湖へ流れる川が3つあったというが、断続的な干ばつで2つが乾いてしまった。唯一残った川も時間の経過と共に水位が徐々に低下している。

 ここは、ここにオシドリ、インドガン(鵞鳥)、ハクチョウ、アヒルなどの水鳥の生息地として知られている。フフ・ブルド湖の南側には、ウーデン・ボルガ温泉がある。この湖の小さな島があり、16〜17世紀頃に建てられたとされる石造りの城跡もある。

 城跡は高さ7〜8㍍、幅10㍍、長さ25㍍。この城は厚さ150㌢の壁に囲まれた4つの部分で構成される。16世紀頃、チベット貴族がモンゴル人のために寺院を建てたが、建設工事を終わらせることなく、帰国せざるをえなくなった。天井がないままで工事が終わったという。そのため、「オロイグイ・スム」(天井なし寺院)と名づけられた。後に天井を作ったが、すべてが雷雨で破壊されてしまった。今も、屋根のないままである。

関連ニュース