モンゴル銀行トゥグルグ安について言及

経済
ariuntsetseg@montsame.gov.mn
2022-04-17 12:04:59

      モンゴル銀行(Bo M )が4月1 1日、同行ホームページに掲載したインタビューでは、トゥグルグ安の要因について、2021年度の第2四半期から外部の不確実性に伴う輸出不調による国際収支のアンバランスでトゥグルグ安への圧力が強まったとの見解を示した。年初からの米ドル・トゥグルグの動きを振り返ると、年明け以降はおおむね1米ドルが2849トゥグルグ~2851トゥグルグを中心に推移したが、2月中旬から一気にトゥグルグ安が加速した。その結果、わずか1ヶ月間ほどで180トゥグルグ近く米ドル高・トゥグルグ安が進行した。モンゴルは為替の変動相場制を採用。BoMは為替の急激な変動を防ぐため為替介入を実施しており、今回の状況を踏まえ、貿易などの国際収支の悪化、外貨収入の途切れる恐れがあるため、物資供給の支障を回避するために国際収支に必要な外貨を市場へ投入することを注視していると言及した。

関連ニュース