第13回「ウランバートル国際映画祭」開催

カルチャー
gombosuren0625@gmail.com
2021-10-18 09:30:16

 ウランバートル市庁、首都芸術・文化局、モンゴル芸術連合、スイス開発協力局、ノマディク・ピクチェレスの共催による第13回「ウランバートル国際映画祭」が10月18日~24日にかけて開催される。文化省、在モンゴルフランス大使館、ロシア大使館、ロシア文化・ 科学センター、ゲーテ・インスティトゥートなどモンゴル政府の支援を受けているこの映画祭はモンゴルの映画分野の発展への貢献、 映画製作者の国際協力促進、世界的に有名な映画祭で上映されたモンゴル作品の紹介を目的としている。

 今回は「開会の映画」、「国際映画プログラム」、「モンゴル映画プログラム」、「ウゼヒーンヒャザガール」の分野でカンヌ、ベルリン、べネチア、ヴェネツィアの国際映画祭の受賞映画、2020年~21年の間に製作されたロシア、フランス、ドイツ、イラン、ミャンマー、スイス、インド、日本、モンゴルの映画18本が上映される予定。映画上映の他、この祭りの一環として映画製作者の能力向上、地域連携強化を目的としたモンゴル・東南アジア地域の映画フォーラム、「アブダラーオーダル」撮影監督向けのトレーニングや映画フォーラムがそれぞれ行われる。また、モンゴル映画史上の優秀な映画作品によるポスターで「モンゴル映画」展をモンゴル芸術連合が開催する。同映画祭の上映映画、プログラム、他の詳細情報はwww. facebook.com/ubiff、www. ubiff.mnウェブサイトで閲覧 できる。

関連ニュース