最 多 の 家 畜 所 有 者

特集
gombosuren0625@gmail.com
2020-03-10 08:41:16

 モンゴルの全家畜数は約7000万頭に達し、いよいよ暖かい春季を迎える。モンゴルの最多の家畜所有者であるドルノド県ナヤンドン郡の遊牧民N.バターさんは家畜を5種類ともに増やし、1万2000頭の5畜(馬・ラクダ・牛・羊・山羊)を所有し、羊頭数ではモンゴルをリードした。彼は3郡の地域にまたがる牧草地で家畜を放牧している。

 これに対して、最も多くの山羊所有者はウムネゴビ県ボルガン郡から選ばれた。モンゴルの最も多くのラクダを有する遊牧民Ts.シネンさんは、今年、ラクダ2000頭を数え、今春、メスラクダ300頭が子を生む。馬頭数でアルハンガイ県、ドンドゴビ県、牛頭数でアルハンガイ県、トゥブ県がぞれぞれ国をリードしている。

 モンゴルは近年、家畜の品種改良に注目を払い、現在、50種以上の家畜が放牧されている。食料・農牧業・軽工業省によると、現時点で、全国に7000万頭の家畜が春営

しているうち、3900万頭が子を生む。さらに、トゥブ、ボルガン、アルハンガイ県などのオトル(豊かな牧草地への移動)地域に放牧されている家畜は、3月1日までに、それぞれの地域へ戻る。ボルガン県は今年、最多のオトル家畜を受け入れた。オトル地域を切り離さないと、過放牧になりかねないという。

関連ニュース