アジアレスリング連盟理事にモンゴル人女性が選出された

スポーツ
gombosuren0625@gmail.com
2021-04-28 13:53:37

  東京オリンピック・アジア予選とアジア選手権の中日となる4月12日、世界レスリング連盟・アジア(UWWアジア)の総会がアルマティで開催され、4 年に1度の理事選が行われた。理事選では、7人の当選枠に11人が立候補し、24ヵ国の代表が投票した結果、モンゴル人のP.ボヤンデルゲルさんが理事に初当選したと、4月 14日、モンゴルレスリング協会が明らかにした。他の理事には韓国、日本、キルギス、カザフスタン、イエメンの7ヵ国の代表が選ばれた。

 彼女は「ウランバート ルスポーツ管理」社で外交部長を務めており、約20年間、体育・スポーツ局、モンゴルレスリグ協会の外交関係を担当してきた。フランス、ロシア、英語が堪能。 

関連ニュース