ウムヌゴビ県(県の紹介シリーズ 14)

モンゴルについて
ainii.davaa@gmail.com
2019-01-02 10:19:18

ゴビゴルバンサイハン山


 ゴビゴルバンサイハン山脈は、同県のダランザドガド郡の西側で、180㌔続くいくつかの地域からなるバローンサイハン(西サイハン)、ドンドサイハン(中サイハン)、ズーンサイハン(東サイハン)の3つだ。ズーンサイハン山は一番高く、標高2846㍍。ゴビゴルバンサイハン国立公園がセブレイとズーレン山脈、ホンゴル砂丘、ネメグト川の269万4307ヘクタールをカバーする地域は1993年の国会決定により「天然資源」として国家特別保護地区に指定されている。山岳地方では4月末にモンゴルサクラやアーモンドツリーの花が咲き誇る。山岳地帯には、山羊、羊、ヒョウ、ガゼル、ムナジロテン、ウェブブラウザ、スクワール、サイガなど、モンゴルのレッドブックに登録された絶滅のおそれのある動物たちが飼育されている。


ホンゴル砂丘


 ホンゴル砂丘はモンゴル最長の砂丘で、北西から南東に130㌔伸びる。幅は3~20㌔。ウムネゴビ県セブレイ郡に位置し、ウランバートルから東西に650㌔、ダランザドガド郡より216㌔にある。最高の砂丘、ハナン砂丘の高さは195㍍。


ヨリン・アム(禿鷹の谷)


 ゴビゴルバンサイハン山にはヨリーンアムという美しい谷がある。ヨリーンアムはモンゴル語で「禿鷹の谷」の意味。小さな川が渓谷を流れ、冬には氷で覆われている。一年中凍った蓋をしているが、温暖化による気候変動のため最近は氷地が溶けてしまう傾向にある。高さ200メートルまでのいくつかの岩壁は、険しい岩の表層を提示する。


モハル・シベルト


 モハル・シベルトはゴビゴルバンサイハン山に位置し、美しい自然の魅力がある場所。モハル・シベルトは、山の凍ったキャニオンの隙間から水が落ちる氷結した峡谷だ。それは暑い夏の天気でも、氷のフィールドで観光客の注目を集めている。


ヘルメン・ツァブ地


 ヘルメン・ツァブはウムヌゴビ県で最も素晴らしい場所の一つ。何百万年もの風雨や海水の侵食により、250平方キロメートルにわたって広がり、高さ200㍍のヘルマン・ツァフが生まれたという。それは海抜1000㍍、巨大な峡谷を形成する巨大な崖がある。ヘルマン・ツァブは自然の美しさと恐竜の発見で人気がある。ティラノサウルス、角状の恐竜の骨格が見つかった。ヘルメン・ツァブにあるオアシスでは、オオカミと野生馬の足跡を見ることができ、ワラン(トカゲの一種)やニレの木を含む植物などの爬虫類が豊富にいる。70〜80㌔ほどまでは人が住んでいない孤立した場所だ。


バヤン・ザグ


 2008年に「世界の7つの驚異」に選ばれたバヤン・ザグは、「レッドクリフ」という名前で有名だ。恐竜の卵や化石が見つかっていたということで世界中に知られている場所だ。この辺は1920年代ごろアメリカ人のアンドレス氏によって世界中に知られるようになった。アンドレス氏はここから恐竜の化石と卵をいくつも発掘したがそれは現在、アメリカの一番大きな博物館に展示されている。また、この周辺に何百万年前から人間が住んでいたとの証拠となる珍しい物がたくさん見つかっていることでも有名だ。


ガルビ・ゴビ砂漠


 モンゴルには33の有名なゴビ砂漠がある。ガルビ・ゴビは最大で、ラクダに人気がある。ガルバ・ゴビは同県のハンボグド郡の領域にあり、7万平方㌔にわたって延び、長さ200㌔、幅50㌔を超えている。ガルバ・ゴビはその本来の風景を保ち、まれな野生の馬、黒い尾、野生の羊と山羊が生息している。1996年に国会の第43号の決定により「天然資源」として国家特別保護地区に指定されている。ゴビの色は、日差しの中でざらつくように見え、太陽が沈むと色が変わる。広々とした谷は、砂、塩水、ソルトマー・シュン・サンクス・ツリーの森林でできており、保護地域のほとんどを占めている。


デムチグ寺院


 デムチグ寺院はウランバートルから600㌔にウムヌゴビ県のハンボグド郡に位置する。デムチグ寺院は、19世紀にモンゴル人に最もよく知られている詩人、仏教の僧侶ダンザンラブジャー氏によって建立された、ガルビーン山の3つのユニークな修道院の一つ。デムチグ寺院は1930年にスターリン派の掃討の際に破壊された。1994年以来、保護されており、いくつかのテンペルを復元し始めた。モンゴル人がこの地域を崇拝し、寺院が再建されているという。寺院に非常に近い世界最大の花崗岩と信じられている。それは、その巨大な自然エネルギーを持つ世界エネルギーセンターとして知られている。


ノヨンボグド山(ミラーロック)


 ミラーロック、またはノヨンボグドはダランザドガド郡より200㌔にある。ゴルバン・テス郡の土地被覆面積とサラン谷の周辺地域の3万2000ヘクタールは同県特別保護の対象となった。この地域では、自然の美しい景色ノヨンボグド山があり、ドゥグネン山に沿い10㌔北に続き、高さ3㍍。岩は銀色の織り色をしており、人間や動物のイメージは岩の反射で鮮やかに見ることができる。巨大な岩石が転がった結果、岩は氷表面のような光沢のある鏡を持ち、科学者たちが考えるように、非常に古くから山の生成時に他の石で磨かれた。

関連ニュース