総選挙に498名の立候補者が出馬

政治
odtsetseg@montsame.mn
2016-06-10 15:22:36

 7日、中央選挙管理委員会は政府庁舎記者会見で2016年の総選挙の立候補者について報告した。同管理委員会は13政党、3連合、74無所属立候補者から届出を受理した。総選挙には12政党、3連合の429名、69名の無所属立候補者、計498名の立候補者が出馬する。

 モンゴル人民党や民主党が76名、独立・統合連合44名、国民勇気緑党15名、モンゴル伝統統一党11名、ハーン選択連合が9名、共和党36名、モンゴル社会民主党17名、自由実行党9名、国民運動党27名、民主運動党3名、モンゴル人民革命党71名、愛国者統一連合9名、モンゴル保守党13名、国民尊敬党13名の立候補者らが認定書を受けた。全立候補者の25.9%(129人)が女性だった。ウランバートル市の選挙区で283名、各県の選挙区で215名が出馬する。モンゴル人民革命党からN.エンフバヤル元大統領が立候補したが、中央選挙管理委員会は懲役期間が終了してないと判断した。そこで、代わりに元大統領の妻O.ツォルモンさんが出馬することになった。彼女はウランバートル市ソンギノ・ハイルハン区第75

 選挙区から立候補した。ウランバートル市選挙委員会は市議会選挙に出馬する9党の237名、2連合の31名、無所属4名、計272名の立候補者に認定書を与えた。民主党が45名、モンゴル人民党45名、モンゴル人民革命党45名、モンゴル保守党8名、国民運動党41名、モンゴル伝統統一党3党、共和党21党、労働国家党24党、開発計画党5党、独立・統合連合27名、愛国者統一連合27名、無所属立候補者4名である。

関連ニュース
コメント