世界銀行、通関手続き等で後進的と指摘

経済
bolormaa@montsame.gov.mn
2022-08-31 08:03:57

世界銀行はモンゴル政府 は鉱産物以外の工業品輸出 を支援するため、物流改革 に取り組んでいるが、依然 として貿易円滑化と通関 手続きに関して地域諸国に 比べて遅れていること指 摘。8月17日、情報サイト のゴーゴー・エム・エヌが 報じた。

  ゴーゴーによると、モン ゴル産製品を輸出するに平均302時間がかかっているに対して、カザフスタンと キルギスの場合は3分の1、中国は10分の1程度の時間が費やしたという。また、世界銀行は、国内企業や外資系企業の認識調査を行ったところ、ビジネス環境に対する信頼度が低下したことを分かった。新たな法律が施行されたにもかかわらず、事業許可交付手続きも依然として官僚主義的であるという。また、 投資家権益の保護メカニズムが不十分であり、予期しない政策変更も海外直接投資に深刻な悪影響を与えかねないと指摘された。

世界銀行は今後、法務・内務省と経済開発省、財務省、モンゴル銀行及び証券取引所の間の連携強化を政策助言するとともに、次の国政選挙に伴う政権交代があ る場合に備えて政策の一 貫性を確立させるべきだ とした。


関連ニュース