「JAPAN FESTIVAL in MONGOLIA 2022」 8月20、21日 開催!

社会
bolormaa@montsame.gov.mn
2022-08-11 14:26:55

JAPAN FESTIVAL in MONGOLIA 2022」が今月20日と21日(土・日)の両日にナショナルアミューズメントパーク(通称:国立遊園地)White Rockでの開催が予定されている。今回のJAPAN FESTIVALの特徴は「SDGs(持続可能な開発目標)の第17番の目標であるパートナーシップを活性化することであり、共催する企業らが同キャンペーンの実施に関連する取り組みを行うことを目指している」と述べた。また、「障害を持つ人々への就労支援などを視野に入れ、モンゴル社会の弱者にも貢献するイベントにもしたい」と実行委員会のメンバーらが意気込みを語った。

JAPAN FESTIVAL in MONGOLIAは、2018年まで6年間「ジャパンポップカルチャーフェスティバル」として在モンゴル日本大使館が後援する日本関連イベントとして運営されてきた。同イベントでは「ジャパンポップカルチャーフェスティバル」の要素を残しながらも、日本の伝統文化だけでなく日本の商品、技術、サービスの魅力をモンゴルにおいて発信する機会として広く知られている。日系企業の協力により、モンゴルで愛される日本の商品、そしてモンゴルに知られていない日本の商品、技術、モンゴルへの新たな試みを含む25以上の企業及び団体が出店する予定。出店は飲食、商品サービス紹介、遊戯など多岐に渡り、日本をまるごと体験できる。

日本からは、1970年にモンゴルで上映された日本映画「恋の季節」の主題歌を歌った今陽子さん、「モンゴルのツィウァンって美味しいですか?("Монгол цуйван хэр вэ?")という歌でモンゴル若者たちのトレンドになっているチャカランド・バンドの他に、ガールズユニット「ワンダーウィード天」、メンズアイドルグループ「CoLoN:(コロン)」、マジシャン Piace、ビジュアル・コメディー・パフォーマンスグループ「3ガガヘッズ」などが参加する。

イベントの特別協賛はモビコムコーポレーション、Toyota Sales MongoliaTDB銀行。共催はHISモンゴリア、ROHTOモンゴリア、MDAShine SongoltPRISMECO CASHABICO、三菱商事、三井物産、丸紅など。ロゴスポンサーはチンギスハーン国際空港を運営するNUBIA社、Toyoko Inn MongoliaGTN MongoliaIT Laboratory

入場料は1000トゥグルグだが、モビコム社のMonPayアプリをダウンロード又はTDB銀行のBRITTOカードを提示することで入場料は無料。

実行委員会のメンバーらは「今後は同イベントの規模をより拡大するためには、日本から参加する企業数を増加させることが重要である。そのために、モンゴル民間航空庁を含む関連企業らと協力し、両国間のフライトの充実化を図る必要性」を指摘した。


関連ニュース