電気・暖房費の夜間 割引、継続される

経済
bolormaa@montsame.gov.mn
2022-11-29 13:14:26

政府は2017年から大気汚染削減を目的でゲル集落地の「電気・暖房費緩和」規則を発行したが、この緩和措置は今年も継続し、5年目となる。

なお、毎年11月1日から適用され 始めていたのが、今年は予算法の 一環で375億トゥグルグが電気・ 暖房費の夜間割引に充てられ、財源に関連付けながら今年12月から 来年の1、2、3月と11と12月末まで続く。電気・暖房費の割引対象 になるのは、人口1万人以上の町 や定住地の17万3600世帯。 割引では、首都のゲル集落地の 消費者の電気料金が夜9時から朝6 時の間、次のように緩和される。

220V消費者の700kWhまでの消 費を100%、それ以上を超えると 消費の50%、

380V消費者の1500kWまでの消 費の100%、それ以上の場合は50%、

県庁所在地及び人口1万人以 上の定住地の消費者の電気料金も同様に50%割引される。 割引対象者は、昼間と夜間区別 の電気メーターを設置し、電気を家庭用として、住まいの暖房にのみ電気を使用し、これまでの電気料金の支払済みが条件と なる。

関連ニュース