オトゴンバヤル駐米大使、トランプ大統領に信任状捧呈

政治
naranchimeg199@gmail.com
2018-04-09 08:57:47
 新しく任命されたYo.オトゴンバヤル駐米モンゴル特命全権大使は3月28日、米国のドナルド・トランプ大統領に信任状を捧呈した。オトゴンバヤル大使はバトトルガ大統領によるトランプ大統領に向けた挨拶を伝達し、両国の友好関係および協力関係強化のため、全力を尽くしたいとした。トランプ大統領は共通の価値観と相互尊重の原則に基づいた友好関係を今後も強化し、地域、世界レベルで民主主義、安定と発展を築くため、協力のチャンスがいくらでもあると語った。また、北朝鮮の核開発やミサイル開発といった危機に瀕している今、両国が常にともにあることを強調し、同国が核兵器を完全に撤廃するまで圧力を強化し続けることが必要だとした。両国は国民の発展のため、インド太平洋地域における協力を深めたい都市、モンゴルのビジネス、投資環境の改善により、経済の多様化と、まもなく締結されるミレニアム・チャレンジ公社(MCC)によるコンパクト・プログラムの重要な後押しとなる、と強調した。
関連ニュース