「360 」アーチェリー会場を寄付金や援助で建築

スポーツ
45@montsame.mn
2018-08-10 12:35:15
 1日、「360」 アーチェリー会場の開場式が行われた。 アーチェリー会場は、モンゴルの市民や企業の寄付金、援助などで60日間で建てられたこの建築のため500人ほどの市民が現金や材料を寄付した。同会場でギネスブックに登録するほど巨大なオリンピックマーク(27㍍x13㍍)を作っているのは、オリンピックアーチェリー競技でモンゴル代表がメダルを獲得する願いを込めているからだ。「闘志・忍耐の会場」と名を付けたこの会場でプロのアーチェリー選手らが練習をするほか、アマチュアたちも矢を射ったりし、アーチェ リーの練習を行うことが出来る。アーチェリーは、弓で矢を放ち、 的を狙って得点を競う競技であり、モンゴル人に良く合うスポーツであるため、オリンピックでの優勝の可能性が高いと強調されていた。
関連ニュース