モンゴル自動車市場、開拓を目指す「トヨタ」、新規代理店開所式・祝賀会

経済
naranchimeg@montsame.mn
2018-06-26 10:52:28
 18日、モンゴルの自動車市場の開拓に当たってのトヨタ・セールス・モンゴリア社によるグランド・オープニング・セレモニー(開所式)がトーシン・ホテルで開かれ、高岡正人在モンゴル日本国大使、トヨタ自動車販売代理の3社、伊藤忠(株)ウランバートル事務所長をはじめとする日系企業の代表らが来賓として招かれた。
 開会の挨拶をした倉橋利郎社長は、「わが社のビジョンは、トヨタの品質の高い製品とサービスを届けること、期待を超える高品質のサービスを通してトヨタの愛用者幅を広げることで、その実現に向けて直接ディーラーのヘト・モーターズ社、タワンボグド社、ムンフハダ社の3社とともに取り組んでいく」と述べ、「現地により根付いた活動を展開し、消費者ニーズに合うサービスと製品を提供したい」とモンゴル代理店オープンに寄せる意気込みを語った。
 村上晃彦・東アジア・オセアニア・中東本部本部長は、事前にモンゴルで走行車の3分の2がトヨタ車であることを耳にしていたが、「トヨタ車がそれほど愛されている事実を確かめて感動した」と語り、「新規代理店設立で、アフターサービスの質と量ともに充実させて、顧客との信頼関係を深めてトヨタファンをさらに増やしてほしい」と述べた。