留学&就職フェア 総計2500人が参加

教育
naranchimeg@montsame.mn
2018-04-30 11:09:44
 4月20、21日の両日、ブルースカイホテルで、恒例の留学&就職フェアが開催された。すでに開始前から大勢の来場者が集まっており、このフェアに対する期待度の高さをうかがわせた。今年の傾向では、高校卒業を控えている来場者の数が多かった。担当者の成沢拓磨さんは、「高校生、大学生ともに卒業後に日本留学を真剣に考えている方が増え、また、就職フェアは、来場者の年代が幅広い印象を受けました」と言う。
 留学フェアの参加者数は1360名で学校数は、日本学術振興会北京代表処、日本語教育機関9校、専門学校1校と、JUGAMO会の相談ブースで合計12ブースの出展があった。名古屋大学は資料を設置した。一方、就職フェアの参加者は1153人で、5企業(うち2企業は日本法人)、2法人は介護サービスとシステム開発の企業だった。
関連ニュース