メタンガス、大気汚染の低減に重要

経済
naranchimeg@montsame.mn
2018-09-21 11:12:52

 鉱物資源・石油庁は、18日、オーストラリアの「ゴールデンホルド社」の100%投資によるGOH社と石炭層メタンの採掘を開始するための生産物分与契約に署名した。

 政府の822日決定により、鉱物資源・石油庁は、GOH社に「ノムゴン」地域で石炭層メタンを採掘する権利を与えた。この地域には、ウムヌゴビ県のバヤン・オボー郡、ハンホンゴル郡、ツァオグトツェツィー郡、ツォグト・オボー郡、ノムゴン郡、マンライ郡の領地が含まれている。このプログラムは10年間で3段階で実施され、少なくとも3000万ドルがメタンの採掘に費やされるという。

 メタンは二酸化炭素より21倍多くの熱を放出することにより、二酸化炭素層を除去することにより、メタンガスが大気中に添加される。トゥムルバータル技術者は、「石炭層メタンの埋蔵量を決定して抽出し、原炭を撤退し、生態学的に清浄な燃料を使用する。また、発電所、小型ボイラー、冶金プラント、高出力車、公共交通機関および家庭用ガス燃料の供給、大気汚染の低減およびインフラの提供も重要」と述べた。

 

関連ニュース