商戦「ブラックフライデー」のモンゴル版 「ホワイトフライデー」、2月2日に実施

社会
41@montsame.mn
2018-02-01 13:54:42
 アメリカ発祥の11月の大型セール「ブラックフライデー」がモンゴルで年々拡大しつつある。
 
 個人消費の冷え込みが加速する中で、購買意欲を高めようと昨年11月に国内大手各ショッピング施設が同イベンを実施した。
 今度は、旧正月商戦に向けて安売り合戦だ。オンライン・ショップは安売り合戦への本格的な参入。オンライン・ショップを営む9社は旧正月商戦に向けて同様なイベントを企画。その名は、ブラックではなく「ホワイト・フライデー」。
 本国アメリカでは、販売店が黒字になることからブラック・フライデーと言われているが、モンゴル版は「ツァガーン・サル」向け商戦、めでたいことのツァガーン(白)を用いて「ホワイト・フライデー」にしている。オンライン・ショップが直面する課題は迅速な配達。
 今回の「ホワイト・フライデー」につき、企画者らはケー・ジー・ビー・テグべ社が配達に関して業務提携。テグべ社もイギリスのスタートアップ「What3words」が開発したアプリによる住居特定システムを活用するため円滑で迅速な配達が可能になる。
関連ニュース