ハイライト

モンゴルは租税回避地 ブラックリストから削除


2018-01-25 11:47:46
画像
 欧州連合の財務理事会は1月23日にブリュッセル市で会議を開き、租税回避地ブラックリストからモンゴル国を削除すると、決議を出した。
 同理事会は2017年12月5日付きの会議で、当ブラックリスト に16カ国の一国にモンゴルを指定したが、これを受け、モンゴル国政府は2017年12月20日に第 350号決定を可決し、税に関す るグッドガバナンス規律を2年間で実施する義務を負うことに なり、ブラックリストから削除されることになった。D.ツォグトバートル外務大臣がブラックリストへの指定問題を迅速に解決する目的で特派大使を任命し、財務省及び法務内務省から形成される作業部会を設置し、フェデリカ・モゲリーニ欧州委員会副委員長兼欧州連合外務・安全保障政策上級代表及び欧州 連合の28カ国の外務大臣宛に書簡を送付し、欧州連合の各国大使と会談し、モンゴルの立場を説明するなど迅速に対応した結果、ブラックリストから除名されることなった。モンゴル国の重要な「第三の隣国」となる欧州連合及びその加盟28カ国とモンゴルが協力関係を引き続き促進できるようになった。