ハイライト

「チンギス・ハーン」勲章 柔道家トゥブシンバヤル氏の受章が確定


2017-11-17 14:39:16
画像
 15日、大統領府が、11月 19日に行われるチンギス・ ハーン生誕855周年の記念行 事である「モンゴルの誇り デー」に当たってモンゴル 最高位の勲章「チンギス・ ハーン勲章」の受章者を発表した。今年の受章者は、 北京五輪の金メダリスト、 ロンドン五輪の銀メダリス トの柔道家ナイダン・トゥブシンバヤル氏である。
 Z.エンフボルド大統領府 長官は「トゥブシンバヤル 氏は2008年の第29回夏季五輪で金メダル、4年後のロ ンドン五輪で銀メダルをそ れぞれ獲得した。2014年の アジア大会柔道100㎏級の 制覇などの柔道家として高 い功績を残した。また、彼 の金メダル獲得は、モンゴ ル柔道史上初のメダルのみ ならず、当時の政治的内乱 に瀕して人々が不安にさら された時期に感動と希望、 誇りを与えてくれた」と発 言した。
 トゥブシンバヤル氏はボ ルガン県生まれ。2008年の北京五輪柔道100㎏級で金 メダル、2012年のロンドン 五輪柔道100㎏級で銀メダ ル、2014年のアジア柔道選 手権大会100㎏級で金メダ ル、2017年の世界選手権大 会100㎏級で銅メダルなどの 柔道家として功績を後世に 残した。 チンギス・ハーン勲章 は、2002年に当時のバガバ ンディ大統領によって発案 されて、2005年からその受 章が始まった。これまでに 10名が受章した。