ハイライト

モンゴル日本外交関係樹立45周年記念事業 両国アーティストによる共同演奏会開催


2017-11-16 13:40:06
画像
 10日、モンゴル日本外交関係樹立45周年を記念し、両国のアーティストによる共同演奏会が開催された。
 演奏会をモンゴルの教育・文化・科学・スポーツ省と外務省、在モンゴル日本大使館が共催したもので、開幕に際して教育・文化・科学・スポーツ省のN.ボルド文化芸術政策局局長が「静岡県の小野登志子・伊豆の国市長をはじめ、代表団一行がモンゴルを訪問している。この結果、モンゴルの柔道選手が東京オリンピックに向けて静岡県の4市に合宿できるようになった。最初の選手が12月7日に日本へ出発する。今年は両国外交関係樹立45周年を記念し、様々な行事が開催されたが、今回の演奏会はその最後になる。今後も両国の文化芸術交流が益々発展するよう祈る」と、挨拶した。
 演奏会にはモンゴル国立芸術大劇場のフォーク歌手、舞踊家、馬頭琴奏者、日本の馬頭琴奏者阿部渚氏、静岡県伊豆の国市のピアノ奏者海瀬京子氏らがそれぞれ演奏し、ホールは観衆の拍手が鳴り響く盛況を見せた。